近所の田んぼの黒米を買ったので、黒米について調べてみた

黒米の献立

長瀬くん今日で退所ですね。最後の出演「鉄腕DASH」を見た。25年かあ。あっという間だったね。そして、株式会社TOKIOは福島で新たな農場を開拓するのか、楽しみ〜。新入社員にイケメン希望。

さて、寺家ふるさと村のご近所の田んぼでは黒米(くろまい)を育ててて、これがずっと気になっていた。2月の末、田起こしに行くと例の田んぼで販売会をやっていた。以前にも販売会はあったのだが、黒米は人気らしく売り切れてた。普通の白い古代米なら、うちの田んぼでも作ってる。おめあては黒米。今回は、あった。やった、即買いです。

黒米はいろんな意味で強い米と見た。

前から気になってたので、以前に写真を撮っていた。見直してみると、台風でも倒れてなかった。意外と強い米らしい。

黒米の田んぼ

ご近所の黒米の田んぼ。

台風でも倒れなかった黒米

隣は緑米かな? 隣は黒米より背が低いのに台風で倒れてしまってるのに、黒米は元気。背が高いので倒れやすく育てにくいと言われているが、実は強い米なんじゃない?

収穫前の黒米

黒米の栄養価、高すぎでしょう。日本のスーパーフード。

さてさて、この強いコメ、調べてみたらすごかった。なんで黒いのか、アントシアニンかな?と思ってたら、ズバリそれ。

糠(ぬか)にアントシアニン、ビタミン、ミネラルを豊富に含み滋養強壮作用が高い。白米と比べると圧倒的に栄養価が高い。普通の玄米と比べても高い。例えばマグネシウムひとつとっても、100g中に白米が23mg、玄米が110mg、黒米は135mg。
その栄養価の高さは古くから認識されてて、中国では、造血・貧血予防や滋養強壮に優れることから「月米」「補血米」とも呼ばれ、妊産婦の栄養食であったらしい。楊貴妃も美容食として食べてたとか。

アントシアニンは活性酸素を除去する作用に優れている。抗酸化作用が高い。つまりアンチエイジングの栄養素なんだもの、楊貴妃も愛用するわけだ。

しかも栄養価は高いのにGI値はダントツで低い。GI値(グリセミック指数)とは淡水化物が糖に変わるまでのスピードを表した数値で、GI値が高いと血糖値を急激に上げる。低ければ吸収はゆっくりなので、ダイエットにもいいということになる。すごいな、黒米。チアシードやアサイーにも負けてない。日本の、アジアの、スーパーフードじゃないの。

ちなみに田んぼのおじさん曰く、黒米の黒さはあくまで糠の色であって、精米すると普通に白くなるそう。
つまり精米せず、玄米で食べないと意味ないのね。玄米で食べるということは、有機栽培が望ましいし、また、もともと収穫量の少ないコメらしい。同じ土地の広さだったら普通の白米の半分くらいまで落ちるそう。ああ、それじゃねえ。育てる農家が減るわけだ。おじさんは退職後、休耕地を借りて趣味で作ってると言ってました。

黒米、どうやって食べる?

トップに上げた写真は、黒米100%で炊いてみたww
普通は白米1合に黒米大さじ1の割合で混ぜて炊くそう。下の写真左は黒米100%、右は白米1合につき大さじ1山盛りにしてみた(よそい方が下手くそだな)。わずか15%くらいでもこれだけ赤くなるんですね。お赤飯みたい。

100%黒米と白米に15%混ぜた黒米

食べてみると餅米みたいに粘りがある。食感はプチプチ感があって、おいしい。黒米100%でもイケた。玄米よりも全然食べやすいしおいしいし、黒米の方が断然好みです。

100%でもイケるということは、クスクスみたいにライスサラダにしたり、白米と黒米の二重にした巻き寿司とか映えそう。下手くそだからやらないけどww

とはいえ、なにごとも過ぎたるは及ばざるが如し。
食べ過ぎはダメダメ~~。←鉄腕ダッシュ明雄さん風に言ってみた。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA